October 16, 2011

iMessage を使うときに注意したいポイント

Apple 社の iPhone 4 を iOS5 へアップデートを行った後に、知人とのメールのやりとりで iMessage 絡みのトラブルを経験したので情報共有を。


iMessage とは


●iMessage とは?

テキストメッセージが好きな人なら、iPhoneのメッセージ機能が大好きになるはずです。新たに、単なるテキストメッセージよりはるかに優れたサービス、iMessageが登場。iOS 5を搭載したiPhone、iPad、iPod touchを使っている相手なら誰とでも送受信ができ、メッセージを送りたいだけ送ることができます*。だから心おきなく、伝えたいことをいつもよりたくさん伝えましょう。

アップル - iPhone 4S - メッセージをたくさん、たくさん、たくさん送ろう。


このような感じのメッセージサービスです。


●何が起こったのか

iPhone を iOS5 にアップデートした後に iMessage の設定もおこないました。
その次の日にいつも通りに知人から MMS (xxx@softbank.ne.jp) 宛にメールが届いた訳です。

問題はここから……
そのメールにいつもの通りに返信したら、知人が使っている携帯ではなく、彼が自宅が使っている iPod touch に送信されてしまった訳です。
 

●何故そうなったのか

iMessage の仕組みを知っている人なら “ああ、あれだな” という感じだとおもいますが、知人は iPod touch の iMessage に、携帯電話で使っているメールアドレスを登録していました。
ですので、知人が携帯電話から送信したメールを、彼の自宅にある iPod touch に iMessage で返信してしまった訳です。

原因は……
iOS4 までは SMS/MMS 専用のアプリだったものが iMessage と統合した結果、MMS に送信したメールアドレスが iMessage に登録されていた場合には、返信は強制的に iMessage に固定されてしまいます。 (SMS/MMS アプリの名称は iOS5 からは “メッセージ” という名称に変更されました)


●どうすれば良いのか

上記の環境を再現したサンプルのキャプチャ画面を作成しましたのでご覧ください。
(このキャプチャ画面は知人とのやりとりではありませんよ)



知人とのメールのやりとりを架空のシナリオで表現してみました。
iPhone のメッセージアプリではこのように表示されます。


iMessage とは


キャプチャ画面の私のメッセージは全て iMessage として送信されています。
送信した相手の携帯には到着していません。

メールのやりとりの結末を考えただけでゾッとしますね。



入力ボックスには iMessage で送信することを示したテキストが表示されています。
相手が iMessage に対応していない場合は “メッセージ” と表示されます。


iMessage とは


相手が iMessage で送信してきたのかどうかはここで確認できます。



iMessage で送信しても良いのかを迷ったときは、この “メール” ボタンをタップしてください。
通常のメールクライアントで送信できます。

相手がどのようなメールアドレスで送ってきたのかを知りたいときは “連絡先の情報” ボタンをタップすれば確認できます。
複数のメールアドレスが登録されている場合は青文字で表示されているメールアドレスです。

●iMessage を使う上で注意したい3つのポイント

  • キャプチャ画面で説明したように、相手が iMessage 以外で送信してきたときは、 相手が iMessage が使えるときでも使わないようにする。 (メールクライアントで返信する)
  • iMessage を使用する場合は MMS のメールアドレスをできるだけ使わないようにする。相手が他の携帯キャリアを使っている場合でも MMS のメールアドレスを教えない方が安心。
  • 他の携帯や PC で使用しているメールアドレスを iMessage に登録しない。

簡単で効果のある対処のポイントを紹介してみました。

それでは iMessage で使用するメールアドレスは何が最適か?
メリットとデメリットを考慮した上で iPhone は MMS ではない方の xxx@i.softbank.jp (ソフトバンクの場合) で、iPod touch や iPad のような 3G ではない端末の場合は、その端末用に Gmail のメールアドレスを作成することが良いのではないでしょうか。

送信したメールが送信した端末にちゃんと帰ってきて欲しいのであれば……


Google ウェブ サイト内

Comment on "iMessage を使うときに注意したいポイント"

"iMessage を使うときに注意したいポイント"へのコメントはまだありません。