›2004年10月20日

Yahoo! Japanが新着情報のRSS配信を開始- 噂の『ゴッゴル』で優勝か!?

Posted by t.o at 18:45 / Category: RSS関連 / 0 Comments

Broadband Watch “Yahoo! JAPAN、新着情報ページをリニューアル。RSSにも初めて対応” より引用

ヤフーは、同社が運営する「Yahoo! JAPAN」の新着情報ページを10月20日よりリニューアルし、RSS配信を開始した。Yahoo! JAPANでのRSS配信は今回が初だという。

Yahoo! Japanが新着情報のみですがRSS配信を開始したようです。

yahoorss.png

配信されるRSSはYahoo!サーファーによる新着情報の中の話題先読み情報と新着オススメサイト集です。

既に新着オススメサイト集では “SEOコンテスト - 「ゴッゴル」での検索結果での表示順位を競う、SEOコンテスト。” が紹介されてます。旬な話題は絶対に逃しませんね!恐るべしYahoo!サーファーの情報網。(最終的に新着オススメサイト集がSEOコンテストのトップになったりして 笑)

勿論、InfoMakerのRSSリーダーでも楽しめます。

›2004年10月18日

『OCNスペシャル』はブログです。。。だそうです

Posted by t.o at 17:43 / Category: ブログ / 0 Comments
『OCNスペシャル』はブログです。 10/8から『OCNスペシャル』は、すべてのコンテンツをブログ化しました(「Blogzine ブログ人」を使用しています)。もちろん、ブログの魅力的な機能である“トラックバック”や、“RSS”による購読も可能です。

『ブログ』の定義を覆すような大胆発言がでました。面白い発想ですね(笑)。

ocnspecial.png

過去に “OCNスペシャル 『自由研究 デジタルグッズ』に注目!” でも紹介しましたOCNスペシャルが完全にBlogzineに移行→→パワーアップしたようです。

解説によると6つのチャンネルに“トラックバック”や、“RSS”による購読も可能とのことですので是非ともお試し(お楽しみ)ください。

勿論、InfoMakerのRSSリーダーでもお楽しみ頂けますよ。

ところでBlogzineだけの話ではありませんが。。。全てのブログサイト担当者様へ。
せっかく魅力的なブログが続々と登場しているようですが、できればトップページあたりにOPMLを設置してRSSリーダーなどに一括登録できる仕組みを検討して頂けないでしょうか?
エビchanの!!今日どこ行こうかな?』なんてハツラツとした元気の出るブログなどは是非とも掲載/紹介させて頂きたいのですが。。。期間限定の文字を見ると躊躇します。RSSリーダー以外にもOPMLの使い道は色々あるとおもいます。(これが言いたくてウズウズしてました 苦笑)

と。。。おねだりしてみるテスト。

›2004年10月08日

どうだろうか? RSSリーダーとGMail Atom feedの組み合わせは?

Posted by t.o at 04:36 / Category: リリース

RSSリーダー Headline-Reader ver.1.16β版で GMail Atom feed にプレビュー対応しました。

GMailアカウントをお持ちの方は是非ともお試しください。

gmail.png

少しわかりにくいかもしれませんが GMail Atom feed のURLはhttps://gmail.google.com/gmail/feed/atomです。このURLをHeadline-Readerのフォルダツリーにドラッグ&ドロップするか[追加]ボタンでURL入力した後にダイアログの[詳細]ボタンでGMailの認証用のUserNameとPasswordが入力可能です。

実際のところ『メーラー型』のRSSリーダーでメールを受信するというのはどうなんでしょうね?しばらく使ってみないと私自身も実感できないところではありますが。。。将来的にはGMailでも使用しているBasic認証と同じ手法を利用したRSS/Atom feedも多数出現するような予感があります。

たとえば会員制のRSS配信だとか。
メールマガジンの場合だとユーザー登録を行った後は(面倒な)配信の停止をするまでの間は強制的にメールが送りつけられたりします。(忙しいときにも暇なときにも。。。)会員制のRSS配信の場合だと会員登録は必要ですが、不要になった場合にはユーザーが自由にクライアント側で配信停止(つまりFeedしない)が簡単に行えます。一定期間のFeedが無ければ会員登録の抹消も機械的に行ってくれれば最高ですね。

GMailの場合も規約によると9ヶ月の利用が無ければ抹消される可能性があるということで近いものがあります。魅力的な情報提供でなければ定着率は低くなりますが、ユーザー側には全くストレスのない心地よい情報提供サービスになります。

いつか現れるだろうとおもっていたけど、機会を与えてくれたGMailに感謝!